雑記ブログ

東方久遠境のなかのひとが色んなことを気軽に書き綴ります。

「東方久遠境JOE」広報フライヤーの紹介。

2015年7月20日(月祝・海の日)、福岡県福岡市に隣接した大野城市にて東方Project同人作品展示即売会として開催する「東方久遠境JOE」のイベントPRのため配布中のフライヤーを紹介します。

「東方久遠境JOE」フライヤー

今回のフライヤーはイラストを渡瀬 玲さんにお願いいたしました。今回の会場の大野城まどかぴあは市民図書館併設の施設なので、主催側のリクエストでパチュリーを描いていただきました。
まわりにちびキャラの配された、可愛らしくも素敵なイラストをありがとうございます!

今回、オンライン申込オンリーにしたことにより、裏面に申込書を用意しなくて済むようになりました。…ということで、裏面もレイアウトをがんばりましたので見ていただけましたら幸いです。

 

本フライヤーは、九州の同人誌即売会を中心に配布していきたいと考えています。会場で見かけましたら、ぜひお手にとってご覧くださいませ!

 

  2015/03/13   管理人

「東方久遠境 別府」イベントガイドブック表紙イラストのご紹介。

2015年2月28日(土)12:30より大分県別府市にて開催される「東方久遠境 別府」で、当日入場の際に必要となるイベントガイドブック(カタログ)の表紙イラストを紹介します。

「東方久遠境 別府」イベントガイドブック表紙

イラストはサークル「DOLCE LATTE」の龍胆 祭さんにお願いいたしました。色々な別府のモチーフの入った素敵なイラストとなっております。

イベントガイドブックは、当日会場にて500円にて頒布(全員購入制)となります。

当日まであと1週間ほどとなりました。参加予定のみなさま、よろしくお願いいたします。

  2015/02/20   管理人

11月2日(日)京都市・文々。新聞友の会の出展情報

来る11月2日、京都市・京都市勧業館(みやこめっせ)にて開催される「文々。新聞友の会」に、「東方久遠境 別府」としてサークル参加(出展)します。

東方久遠境 別府PR用グッズの頒布のほか、2013年3月に開催された「ちかっぱかっぱ!」関連グッズの頒布も行います。

サークルスペース番号は花-64です。お時間がありましたらぜひおいでくださいませ!

文々。新聞友の会おしながき

  2014/10/31   管理人

「東方久遠境 別府」配布フライヤー等の紹介。

このたび、2015年2月28日(土)12時半より大分県別府市にて開催される「東方久遠境 別府」のイベントPRのため配布するフライヤー等を紹介します。

「東方久遠境 別府」、「幻想地獄めぐり」PR配布物写真

東方久遠境 別府」のフライヤーは、イラストを一梨乃みなぎさんにお願いいたしました。別府といえば温泉!というわけで入浴シーンも交えたイラストとなっております。
裏面は交通案内、会場周辺情報を詰め込んだ、情報量たっぷりなものとなりました。…その情報量ゆえ、ついうっかりミスが出てしまい、大分空港への航空便案内で「名古屋(中部)」とすべきところを「名古屋(小牧)」としてしまう間違いがでてしまいました…。一日2往復の路線なのであまり利用できないかとは思いますが、東海地方の方はご注意ください。

「東方久遠境 別府」フライヤー

東方地霊殿プチオンリー「幻想地獄めぐり」のPR配布物はフライヤーではなくポストカードとしてみました。PR用にポストカードを制作するのは初代「東方久遠境」より既に行われており、今回も配布物に加わることとなりました。
イラストはしのかずさんにお願いしました。とっても華やかなイラストなので、それを活かすように色々試行錯誤しました。

「幻想地獄めぐり」ポストカード

どちらの配布物もイラストレーターさんのおかげで素敵なものになったと思います。さて、これらの配布物は9月14日(日)より、九州の同人誌即売会を中心に配布したいと考えています。
現在、以下のイベントで配布を予定しております。会場で見かけましたら、ぜひお手にとってご覧くださいませ!

  2014/09/13   管理人

9月14日(日)大⑨州東方祭の出展情報

来る9月14日、福岡県北九州市・西日本総合展示場新館にて開催される「福岡合同祭2」内「大⑨州東方祭10」に、「東方久遠境 別府」としてサークル参加(出展)します。

今回は、「東方久遠境 別府PR用グッズの頒布やサークル参加申込直接受付のほか、2013年3月に開催された「ちかっぱかっぱ!」関連グッズの放出頒布も行います。

また、別府の観光スポットはなしや、サークル参加に関する疑問・質問などにもお答えできます。

サークルスペース番号はH-03、入場ゲートから近い部分です。お時間がありましたらぜひおいでくださいませ!

大⑨州東方祭 おしながき

  2014/09/13   管理人

「運松」と河童が出会った場所を見に行こう!

D.Na@九州電波通です。…今回はいわゆる「元ネタ探訪」の記事です。

東方Projectの公式漫画作品のひとつ「東方茨歌仙」。この作品は華扇の可愛らしさも魅力ですが、河童キャラ好きにはちょくちょくにとりやセリフ無しの河童キャラ(モブ河童)が出てくる重要な作品でもあります。

そのなかの、2013年2月現在まだ単行本化されていない第十一話「運松庵の太公望」。この話も河童がらみのエピソードで、しかも男性キャラとしては珍しくセリフ持ちな「運松」が出てくるのですが、この話の元ネタは福岡県にあるのです!

当然、地元に所縁の地があるわけでして…、今回はそこを探りにいった記事を書きます。

…では、タイトルいってみよー!

 

「ブラニトリ」

(例のタイトル曲)

……………はい。

 

さて、この第十一話のエピソード自体は「河童の骨接ぎ薬」が元ネタで、それ自体は全国にある伝承です。それがなぜ、福岡に縁のある話と言えるのか。それは「運松」という名前です。河童の骨接ぎ薬のエピソードで「運松」という名前を含む伝承は、筑前黒田家の家臣の「鷹取運松庵」という医師(とその妻)と河童の話があります。簡単に話すと、鷹取運松庵の妻が厠に入っていると手を伸ばして尻を触るという悪戯をされるので、ある日短刀でその手を斬り取ってしまう…というエピソードです。

黒田家の家臣の医師。…ということは、福岡城の城下町にその話の舞台があるのではないかと思い、調べてみますが一筋縄では行かないのです。「鷹取運松庵」では行き詰まってしまいました。…この話題では記事に出来ないかなと諦めかけていたとき、とあるページを見つけました。

福岡市中央区の公式ページに、以下の文章がありました。

 

鷹取養巴と手を切り取られたカッパ

 鷹取家は、代々外科の福岡藩医です。鷹取養巴は世襲名ですので時代は不明ですが、養巴の妻がある夜便所に入ったところ、冷たい手でお尻をなでられました。さすがに豪胆な養巴の妻、翌日の夜は短刀を持って便所に入りました。

 この夜もお尻をなでるものがいます。短刀で手を切り取りました。養巴が調べると指には水かきがあり、カッパの手でした。

 それから3日目の夜、手のないカッパが現れて「手を返して下さい」と頼みます。養巴は雨戸を閉めて帰れと言いましたが、カッパは「もう二度と悪さはしません」と哀願するので、「切れた手をどうするのか?」と聞いたところ、「切れた手をつなぎます」と言います。

 「そんなことができる訳なかろうが、手は返してやるからその秘法を教えろ」と言うと、養巴はカッパからその秘法を伝授されたということです。その手接ぎ秘法の真偽は別として、カッパ秘伝の傷薬は、効き目抜群だったそうです。

 先生の屋敷があった養巴町は現在の大名一丁目、二丁目界隈です。

 

「鷹取」という名前、「福岡藩医」という肩書き(福岡藩は黒田氏が藩主)からいって、これは「鷹取運松庵」と同一人物のエピソードでしょう。おまけにこの記事には屋敷のあった場所まで書かれています。早速場所を特定すべく、図書館に行って古地図資料を確認しました。

 

さて、やっとこさ現地調査パートに入れます。

鷹取養巴の屋敷があった場所、大名地区は福岡市の中心街・天神から西に少し行ったところになります。

警固公園のところから西へ行きましょう。

 

天神西通りを過ぎても、まだ西へ。

 

そして、少し道がクランクになっている、城下町らしい名残を過ぎると、そこは「養巴町通り」という通りになります。そうです、この通り沿いに鷹取養巴の屋敷があったのです。


大きな地図で見る

ちなみに「養巴町」の名前は、江戸時代の古地図にも見られます。

さて、古地図が出てきましたね。この中に鷹取養巴の屋敷の場所がしっかり示されています。どこでしょう?


大きな地図で見る

答えはここ、養巴町の並びの東の端です。…この場所の現在の風景はどうなっているのでしょう。

そう、この道のかたちはそのままに、建物だけが変わり餃子屋さんや食堂、カラオケボックスになっています。

ずっと昔に、ここでお尻を撫でるようなエロガッパが居たかもしれないと考えると、なかなか面白いものですね。

 

※この記事で使用した古地図「文化9年(1812)写 福岡城下町・博多・近隣古図」は、九州大学記録資料館九州文化史資料部門(九州文化史研究所)より許可を得て引用しました。

  2013/02/10   管理人

配布中の「ちかっぱかっぱ!」ポストカードとしおりを紹介。

D.Na@九州電波通です。

 

「ちかっぱかっぱ!」開催までいつのまにか1ヶ月とちょっと、という感じになって参りました。

1ヶ月前までサークル参加申込受付しておりますよー。

さて、今回は現在配布中のポストカードとしおりを紹介します。ポストカードは10月20日、しおりは11月24日より配布開始されています。

ちかっぱかっぱ!ポストカード 画・キツネさん

 

ちかっぱかっぱ!ポストカード 画・はく製風道化師さん

 

ちかっぱかっぱ!しおり 画・ちびドラさん

上から順に、キツネさんはく製風道化師さんちびドラさんにお願いしたものです。どれも素敵なイラストです!

ポストカードはフライヤーより情報量を抑えて上品に、しおりは小さい面積で楽しさが伝わるようにしました。

 

福岡県を中心に、イベント等で配布しております。詳しいことは公式twitterアカウントで発信しておりますのでチェックしてみてくださいね。

  2013/02/02   管理人

現在配布中の「ちかっぱかっぱ!」フライヤーのデザインを紹介。

D.Na@九州電波通です。

 

「ちかっぱかっぱ!」開催まで半年を切り、PRも本格化してきております。

今回は現在配布中のフライヤーを紹介します。このフライヤーは9月9日より配布開始されているものです。

「ちかっぱかっぱ!」フライヤー

イラストはなみなぎさんにお願いいたしました。可愛らしくて素敵なイラストです。

また、よくあるフライヤーと違い、開催地についての情報も盛り込んでみました。ここでは掲載していませんが、裏面は会場周辺の地図を大きめに載せて、このフライヤーを持っているだけで会場に着けるように工夫しています。

 

イベント開催日まで福岡県を中心に、各地で配布する予定です。どこで配布するかはTwitterにて情報を発信しておりますのでチェックしてみてくださいませー。

…あと、これ以外の配布物も計画中だったりします。ご期待ください!

  2012/10/03   管理人

この夏、東方的オススメな展覧会。

D.Na@九州電波通です。

今回は展覧会の紹介です。

 

先日、福岡市博物館に行って参りました。

そこでは現在「幽霊・妖怪画大全集」という特別展示が行われているのです。

これは、福岡市博物館所蔵の京都出身の日本画家で風俗研究家の吉川観方のコレクションを中心にいろいろな幽霊画、妖怪画を紹介するものです。

 

なかでも筆者が注目したのは佐脇嵩之の「百怪図巻」が展示されるということ。これは日本のいろいろな妖怪を収録している巻物で、そのなかには「山びこ」などもあるのです。知っている方は知っているでしょうが、幽谷響子ちゃんが犬耳っぽいのは古くからの山彦の容姿が由来。…「響子ちゃんに逢える!」などと思いながら出かけました。

 

天神・三越前バス停より福岡タワー方面のバスに乗り、終点からちょっと歩くと福岡市博物館。特別展は2階の右側でした。

 

入場券を購入し入ると、最初は幽霊の肉筆画から。円山応挙作とも伝えられる作品から、様々な幽霊が並んでいます。意外とことさらに恐怖感を煽るような絵は少なく、「あれ、ちょっと奇妙だな」という感じの作品が多いです。このへんが日本の幽霊観なのかもしれません。

続いて幽霊の浮世絵、それあとが妖怪画。一番のお目当ての「百怪図巻」はその最初の部分にありました。思ったよりも大きく、しかもはっきりと鮮やかに描かれていました。響子ちゃんこと山びこの絵は巻物の前半あたりに居ました。…実はこの絵自体は有名で、Webを検索するとそのものが載っていたりするので想像通り、ではありますが、実物をみることで色々と違った印象があります。

しかしまぁ、「やまびこ」という言葉は今でも残っているけどそれは全くの科学的現象としての語で、妖怪としての存在は忘れられているのですよね。…それをきちんと古典的な姿に則って少女として再構成したZUNさんは偉いなぁ、と思います。ちなみにこの百怪図巻、「火車」や「がわっぱ(河童)」、「猫又」なども居るのでその辺元ネタな東方キャラが好きな方も見てみると色々と発見があるかもしれません。

それから色々な動物を元にした妖怪の絵、天狗などの絵もありました。あと、絵に添えられた解説が全体的にはっちゃけてていいなぁと。楽しんで作っている感じが伝わってきます。当時も多分これらを真面目くさって見ていた人はそれほど多くは無いでしょうから、これくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

この展覧会の解説によると、明治時代には「幽霊などは全くの神経症で虚説である」と言われたこともあるそうです。それでも幽霊・妖怪は消えることなく今でも様々に生き続けている。…多分、東方Projectにおける少女としての妖怪たちも生き方の一つなんだろう、と思います。

せっかくだから東方キャラの由来である存在がどんなものであるのか見てみるといいと思います。

「幽霊・妖怪画大全集」は福岡市の福岡市博物館にて9月2日までの展示です。もっと早めに紹介したかった…。お近くの方はぜひ足をお運びくださいませー。

  2012/08/16   管理人

「ちかっぱかっぱ!」先行版フライヤー、配布中です!

D.Na@九州電波通です。

 

今回は、先日6月24日より配布しております「ちかっぱかっぱ!」の先行版フライヤーを紹介します。

当初はこのバージョンを作る予定はなかったのですが、正式版フライヤーが出来るまでにいくつかイベントがあるので、せっかくだから作ってみることにしました。

「ちかっぱかっぱ!」先行版フライヤー

イラストは誰が描いたのかといいますと、D.Naさん…つまり私なのですー!準備期間が無くて誰かにお願いするわけにもいかなかったので、なのです。

デザインも私で、蘊蓄を語る感じにしてみました。印刷は京都のグラフィックさんにお願いしてみました。

 

これまでの東方久遠境とは違い、細々とですが関西方面でも配布にご協力いただいております。

このバージョンのフライヤーを配布する期間はそれほど長くありませんので、欲しい方はお早めに確保してみて下さいねっ。

 

また、正式版のフライヤーの制作も着々と進んでおります。素敵なものにしたいと思っておりますのでご期待下さいませー。

  2012/07/10   管理人

原作者さまリンク

原作者たるZUNさんの上海アリス幻樂団。

東方萃夢想、東方緋想天などのゲームを制作された黄昏フロンティア。

同人イベントリンク

北九州市の東方Projectオンリーイベント、大⑨州東方祭。

長崎の東方Project持ち寄り読書会、西方の東方読書会。

射命丸文オンリー同人誌即売会、文々。新聞友の会。

稗田阿求オンリー同人誌即売会、求代目の紅茶会。

秘封倶楽部オンリー同人誌即売会、科学世紀のカフェテラス。

京都の河城にとりオンリー同人誌即売会、エンジニアワルツ。

京都の古明地姉妹オンリー同人誌即売会、古明地こんぷれっくす。

福岡県大牟田市・久留米市の同人誌即売会、へぱちょな。

熊本県八代市の同人誌即売会、Ciegs。

九州の同人誌印刷所リンク

福岡県北九州市門司区の印刷所、マツモトコミックサービス。

福岡県大牟田市の印刷所、井上印刷。

鹿熊本県上益城郡益城町の印刷所、アクシス出版。

鹿熊本県上益城郡益城町の印刷所、プリントオン。

熊本市中央区の印刷所、松本コロタイプ光芸社。

鹿児島県鹿屋市の印刷所、プリントガーデン。



広告募集中です。詳細はお問い合わせください。